麻酔専門の先生もいる渋谷のインプラント専門歯科

インプラント治療は、第2の永久歯とも呼ばれる快適で審美性も高い治療です。
その理由が、チタンなどでできた人工の歯根を手術で顎の骨に直接埋め込み、そこを土台に人工歯をつけることにあります。

人工歯根が顎の骨に直結しているので、噛む力の伝わり方が天然の歯に近く快適か噛み心地が特徴です。



またチタンはアレルギーのリスクがとても低い素材で、治療から時間が経っても歯茎の黒ずみ・ブラックマージンが起こりにくいので審美面からも人気が高く、入れ歯やブリッジからの交換希望の患者さんが渋谷の専門クリニックに多く来院しています。

患者さんの中には、歯科治療が苦手という方もいて、特に顎の骨に手術で人工歯根を埋め込むインプラント治療ではなおさらです。



渋谷の専門クリニックでは、歯科治療が怖い・痛いのが不安という方も安心して快適な第2の永久歯治療に臨めるように無痛・リラックス治療を取り入れています。渋谷のインプラント専門クリニックの無痛・リラックス治療では、各種の麻酔や鎮静法を組み合わせて用いるのが特徴です。治療の痛みを軽くするための麻酔ですが、その注射の痛みも怖いという患者さんには予備麻酔といって針を刺す部分をスプレーや塗布式の麻酔剤で感覚を鈍らせてから麻酔の注射をしています。

鎮静法の代表は、笑気ガス鎮静と静脈内鎮静です。
笑気ガスは小児歯科治療でもよく使われる安全な鎮静法で、鼻からの笑気ガス吸入で恐怖感が和らいでリラックスして手術に臨めます。静脈内鎮静は、点滴で静脈に鎮痛剤や安定剤を注入する方法です。
静脈点滴といっても全身麻酔のように意識がなくなることはなく、うとうとして時間の感覚も鈍った状態で手術が終わってしまいます。


渋谷のインプラント専門歯科クリニックでは常勤の麻酔専門医が麻酔や鎮静法を担当し、オペ中は生体モニターで血圧など全身状態をチェックしていますので安心です。